【粘膜原発の悪性黒色腫:一次治療】「トリパリマブ+インライタ」

未治療の粘膜原発の悪性黒色腫の人が「抗PD-1抗体トリパリマブインライタ」併用療法を受けた結果、48.3%の人が治療に奏効し、7.5ヵ月以上増悪なく生存できた。

既治療例も含め、39.4%の人がグレード3以上の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2019年8月12日

【試験】

Phase 1〔NCT03086174

【原著】

J Clin Oncol. 2019; Aug 12 [PMID:31403867]