【頭頸部がん(PD-L1)】キイトルーダ10mg/kg(2週毎投与)

PD-L1陽性で、再発または転移性の人は、「キイトルーダ(2週ごとに10mg/kg )」治療を選択することで、奏功が期待できる。試験では45人中8人が奏功した(奏効率:18%)。ヒトパピローマウイルス(HPV)陽性の人で、より効果が出やすい可能性があり、試験では16人中4人が奏功した(奏功率:25%)。

キイトルーダ」治療は受け入れが良く、グレード3以上の重症の有害事象の発現率は17%であった。主なグレード3以上の有害事象はALT上昇と低ナトリウム血症。重篤な有害事象の発現率は45%であった。

【発表】

2016年5月27日

【試験名】

KEYNOTE-012 (Phase 1b)〔NCT01848834

【原著】

Lancet Oncol. 2016 ;17:956-65. [PMID:27247226]

【内部リンク】