【プラチナ感受性卵巣がん:二次治療】「アバスチン+ニラパリブ」vs「ニラパリブ」

プラチナ製剤を含む化学療法を受けたことがある、プラチナ感受性の人が次の治療を考える場合、PARP阻害薬「ニラパリブ」治療に「アバスチン」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

主なグレード3以上有害事象として「ニラパリブアバスチン」治療を受けた人の15%が貧血(vs 18%)、10%の人が血小板減少症(vs 12%)、21%の人が高血圧(vs 0%)を経験した。「アバスチン」の上乗せを選択することで、蛋白尿、高血圧のリスクが高まる。

【発表】

2019年8月29日

【試験名】

AVANOVA2 (Phase 2)〔NCT02354131

【原著】

Lancet Oncol. 2019; Aug 29. [PMID:31474354]