【膵がん:術後治療】「S-1」vs「ジェムザール」

手術の後の化学療法を考える場合、「ジェムザール」治療より「S-1」治療を選択することで生存期間が格段に延長することが期待できる。

試験では22.5ヵ月から46.5ヵ月に延長。3年生存率は38.8%から59.9%に、5年生存率は24.4%から44.1%に向上。

S-1」治療の選択によって、グレード3以上の白血球減少症、好中球減少症、AST値上昇が「ジェムザール」治療より少なくなる可能性がある。「S-1」治療の選択によって、口内炎、下痢が増える可能性がある。

日本の研究結果。

【発表】

2016年6月2日

【試験名】

JASPAC 01(Phase3)

【原著】

Lancet. 2016 ;388:248-58.  [PMID:27265347]

【外部リンク】