【EGFR陽性肺がん】「メトホルミン+EGFR-TKI」vs「EGFR-TKI」

EGFR遺伝子変異陽性の人は「EGFR-TKI阻害薬(イレッサタルセバジオトリフ)」単剤治療に「メトホルミン」の上乗せを選択することで無増悪生存期間、生存期間が延長する可能性がある。

メトホルミン」は、1961年1月に日本でも承認され、現在も2型糖尿病の第一選択薬として推奨されている薬剤。

【発表】

2019年9月5日

【試験】

Phase 2〔NCT03071705

【原著】

JAMA Oncol. 2019; Sep 5. [PMID: 31486833]