【HR陽性乳がん(HER2陽性):術後治療】「フェマーラ」vs「タモキシフェン」

HR陽性の人が手術後の治療を考える場合、「フェマーラ」治療を選択することで、「タモキシフェン」治療を選択した場合に比べ、HER2発現の有無に関わらず、4年無病生存率の向上が期待できる。

【発表】

2007年12月20日

【試験名】

BIG 1-98(Phase 3)〔NCT00004205

【原著】

Lancet Oncol. 2008 ;9:23-8. [PMID: 18083065]

【内部リンク】