【EGFR陽性肺がん:一次治療】「サイラムザ+タルセバ」vs「タルセバ」

EGFR遺伝子変異陽性の人が初めての治療を考える場合、「タルセバ」治療に「サイラムザ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

タルセバサイラムザ」治療の主なグレード3または4の治療関連有害事象は、高血圧(24%)、皮膚炎(15%)。「タルセバ」治療の主な有害事象は、皮膚炎(9%)、ALT値上昇(8%)。

【発表】

2019年10月4日

【試験名】

RELAY(Phase 3)〔NCT02411448

【原著】

Lancet Oncol. 2019; Oct 4. [PMID:31591063]

【外部リンク】