【尿路上皮がん(追跡期間:4.3ヵ月)】イミフィンジ

イミフィンジ」治療を選択することで、腫瘍の縮小が期待できる。特にPD-L1陽性の人では奏効率が高い(陰性の人は効果がみられなかった)。試験では31.0%の人で奏効し、PD-L1が25%以上発現している人では46.4%の人で奏功した。

主な有害事象は倦怠感、下痢、食欲減退。試験では軽症のものも含めてそれぞれ13.1%、9.8%、8.2%の人に現れた。グレード3の有害事象は4.9%の人に現れた。グレード4、5の有害事象が現れた人はいなかった。1人だけ治療に関連した急性腎障害のため、治療を継続できなかった。

【発表】

2016年6月6日

【試験】

phase 1/2〔NCT01693562

【原著】

J Clin Oncol. 2016 ;34:3119-25. [PMID:27269937]

【内部リンク】