【血液がん】オプジーボ

オプジーボ」治療を選択することで、奏功が期待できる。

試験では「オプジーボ」治療を受けた濾胞性リンパ腫の人の40%、びまん性大細胞型B細胞リンパ腫の人の36%、末梢T細胞リンパ腫の40%の人で奏功した。

オプジーボ」治療を受けた63%の人に治療に関連した有害事象が現れたが、そのほとんどがグレード1または2であった。

【発表】

2016年6月6日

【試験】

Phase 1b〔NCT01592370

【原著】

J Clin Oncol. 2016 ;34:2698-704.  [PMID:27269947]