【多発性骨髄腫:部分・最小奏効例】「シクロホスファミド+ベルケイド+デキサメタゾン」vs「経過観察」

新たに多発性骨髄腫と診断され、導入化学療法を受けた結果、部分奏効または最小奏効だった人が次の治療を考える場合、「シクロホスファミドベルケイドデキサメタゾン」治療(強化療法)を選択することで無増悪生存期間の延長は期待できるが、生存期間の延長は期待しにくい。

強化療法を受けた人の7%がグレード3または4の好中球減少症、7%が血小板減少症、3%が貧血を経験した。

【発表】

2019年10月14日

【試験名】

Myeloma XI(Phase 3)〔ISRCTN49407852

【原著】

Lancet Haematol. 2019 Oct 14. [PMID: 31624047]

【内部リンク】