【HER2陽性乳がん:術前治療(pCR)】「パージェタ+ハーセプチン+ドセタキセル」vs「ハーセプチン+ドセタキセル」

術前補助療法として「ハーセプチンドセタキセル」に「パージェタ」の上乗せを選択することで、病理学的完全奏効率の向上が期待できる。

試験では「パージェタ」を上乗せすることによってグレード3以上の好中球減少症が32.7%から38.1%に上昇した。

【発表】

2019年10月24日

【試験名】

PEONY(Phase 3)〔NCT02586025

【原著】

JAMA Oncol. 2019 Oct 24. [PMID: 31647503]