【肺がん・腎細胞がん・悪性黒色腫:二次治療】「キイトルーダ(またはオプジーボ)+ペグイロデカキン」

既治療の非小細胞肺がん、腎細胞がん、悪性黒色腫の人が「キイトルーダ(またはオプジーボ)+ペグ化IL-10(ペグイロデカキン)」治療を受けた結果、それぞれ43%、40%、10%の人で治療が奏効した。

キイトルーダ(またはオプジーボ)+ペグ化IL-10(ペグイロデカキン)」治療を受けた人の66%がグレード3または4の有害事象を経験した。主な有害事象は、貧血、血小板減少症、倦怠感、高トリグリセリド血症。

【発表】

2019年9月25日

【試験名】

IVY(Phase 1b)〔NCT02009449

【原著】

Lancet Oncol. 2019 Sep 25. [PMID: 31563517]