【FLT3陽性急性骨髄性白血病:再発・難治例】「ゾスパタ」vs「化学療法」

FLT3変異を有する再発または難治性の人が次の治療を考える場合、「ゾスパタ」治療を選択することで、生存期間の延長が期待できる。

完全または部分的な血液学的回復を伴う完全寛解が得られた患者の割合は、「ゾスパタ」治療を選択することで15.3%から34.0%に向上した。

ゾスパタ」治療を選択することでグレード3以上の有害事象と重篤な有害事象を経験するリスクの低下が期待できる。「ゾスパタ」治療を受けた人でとくに頻度が高かったグレード 3 以上の有害事象は、発熱性好中球減少症(45.9%)、貧血(40.7%)、血小板減少症(22.8%)であった。

2018年3月23日、本試験の結果などを基に 「ゾスパタ」は、「成人の再発・難治FLT3 遺伝子変異陽性急性骨髄性白血病」を対象に、製造販売承認申請が行われ、同年9月21日、承認された。

【発表】

2019年10月31日

【試験名】

ADMIRAL (Phase 3)〔NCT02421939

【原著】

N Engl J Med. 2019;381:1728-1740. [PMID: 31665578]

【外部リンク】