【頭頸部がん:一次治療】「キイトルーダ」vs「アービタックス+化学療法」

初めての治療を考える場合、「キイトルーダ」治療を選択することで、「アービタックス+化学療法(5-FUシスプラチンまたはカルボプラチン)」治療を選択した場合に比べ、無増悪生存期間の延長は期待しにくいが、PD-L1発現量が1%以上の場合の生存期間の延長が期待できる。

試験に参加した85%の人がPD-L1発現量が1%以上、43%の人がPD-L1発現量が20%以上であった。PD-L1発現量が1%以上およびPD-L1発現量が20%以上の集団の解析では生存期間の有意な延長が示され、全集団の解析では優越性は示されなかったが、非劣性は示された。

グレード3以上の治療関連有害事象は、「キイトルーダ」治療を受けた55%の人が経験し、「アービタックス+化学療法」治療を受けた83%の人が経験した。「キイトルーダ」治療を受けた8%の人と「アービタックス+化学療法」治療を受けた10%の人が有害事象によって死に至った。

本試験の結果を基に、頭頸部扁平上皮がんを対象に申請が行われた。

【発表】

2019年10月31日

【試験名】

KEYNOTE-048(Phase3)〔NCT02358031

【原著】

Lancet. 2019 Oct 31. [PMID: 31679945]

【内部リンク】

【外部リンク】