【HR陽性乳がん:二次治療】「イブランス+アロマシン+リュープリン」vs「ゼローダ」

タモキシフェン治療後に病勢が進行した閉経前の女性が次の治療を考える場合、「イブランスアロマシンリュープリン」治療を選択することで、生存期間の延長が期待できる。

イブランスアロマシンリュープリン」治療を受けた人の75%がグレード3以上の好中球減少症を経験した(vs 16%)。「イブランスアロマシンリュープリン」治療を受けた2%の人が重篤な有害事象を経験した(vs 17%)。

【発表】

2019年10月24日

【試験名】

KCSG-BR15-10(Phase 2)〔NCT02592746

【原著】

Lancet Oncol. 2019 Oct 24. [PMID: 31668850]