【腎細胞がん:二次治療】「カボザンチニブ」vs「アフィニトール」

VEGFR-TKI治療を受けたことがある人は「カボザンチニブ」治療を選択することで、無増悪生存期間の延長が期待できる。

この結果を受けて、「カボザンチニブ」が米国では2016年4月16日、抗血管新生療法を受けたことのある進行腎細胞がん患者の治療薬として承認された。

【発表】

2015年9月25日

【試験名】

METEOR(Phase 3)〔NCT01865747

【原著】

N Engl J Med. 2015;373:1814-23.  [PMID: 26406150]

【内部リンク】

【外部リンク】