【肝細胞がん(日本人):一次治療】「レンビマ」vs「ネクサバール」

日本人も初めての治療を考える場合、「レンビマ」治療を選択しても、「ネクサバール」治療を選択した場合と同程度の生存期間が期待でき、奏効率の有意な向上、無増悪生存期間の有意な延長が期待できる。

試験に参加した954名中168名が日本人であった。限られた人数にもかかわらず、「レンビマ」治療を受けた人で無増悪生存期間の有意な延長が認められた。「レンビマ」治療を受けた人の29.6%が治療に奏効した。「ネクサバール」治療を受けた人の奏効率は6.9%であった。

【発表】

2019年11月12日

【試験名】

REFLECT(Phase 3)〔NCT01761266

【原著】

J Gastroenterol. 2019 Nov 12. [PMID: 31720835]

【内部リンク】

【外部リンク】