【EGFR陽性肺がん:一次治療(OS)】「タグリッソ」vs「イレッサ(またはタルセバ)」

EGFR陽性の人が初めての治療を考える場合、「タグリッソ」単独治療を選択することで「イレッサ(またはタルセバ)」単独治療を選択した場合に比べ、無増悪生存期間だけでなく、生存期間の延長が期待できる。

3年後も28%の人が「タグリッソ」治療が継続できていた。「イレッサ(またはタルセバ)」単独治療を継続できていた人は9%であった。

タグリッソ」治療を受けた人における病勢進行後の対処として48% が二次治療を受けた。そのうち化学療法を受けた人が68%、EGFR-TKIを含むレジメンを受けた人が29%、その他の治療を受けた人が3%であった。

イレッサ(またはタルセバ)」治療を受けた人における病勢進行後の対処として65% が二次治療を受けた。そのうち「タグリッソ」治療を受けた人が47%、EGFR-TKIを含むレジメンを受けた人が27%、化学療法を受けた人が22%、その他の治療を受けた人が4%であった。

タグリッソ」治療を受けた人の42%がグレード3以上の有害事象を経験した(vs 47%)。

【発表】

2019年11月21日

【試験名】

FLAURA(Phase 3)〔NCT02296125

【原著】

N Engl J Med 2019 Nov 21. [PMID: 31751012]

【内部リンク】

【外部リンク】