【去勢抵抗性前立腺がん:三次治療】キイトルーダ

去勢抵抗性となり、ドセタキセルも抗アンドロゲン薬も無効となったの人が「キイトルーダ」治療を受けた結果、PD-L1陽性の5%、PD-L1陰性の3%の人が治療に奏効した。PD-L1陰性の人は10.6ヵ月、治療が奏効した。

キイトルーダ」治療を受けた人の15%がグレード3〜5の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2019年11月27日

【試験名】

KEYNOTE-199(Phase 2)〔NCT02787005

【原著】

J Clin Oncol. 2019 Nov 27. [PMID: 31774688]