【HER2陽性乳がん:三次治療】「ツカチニブ+ハーセプチン+ゼローダ」vs「ハーセプチン+ゼローダ」

HER2陽性で、ハーセプチンパージェタカドサイラの治療歴がある人は、「ハーセプチンゼローダ」治療に経口HER2阻害薬「ツカチニブ」の上乗せを選択することで無増悪生存期間、生存期間の延長が期待できる。

ツカチニブハーセプチンゼローダ」治療の主な有害事象は、下痢、手足症候群、悪心、倦怠感、嘔吐。下痢、ATS値上昇は「ツカチニブ」の上乗せによって経験するリスクが高くなる。

【発表】

2019年12月11日

【試験名】

HER2CLIMB(Phase 3)〔NCT02614794

【原著】

N Engl J Med. 2019 Dec 11. [PMID: 31825569]

【外部リンク】