【嘔吐予防】「ジプレキサ+アロキシ+イメンド+デキサメタゾン」vs「アロキシ+イメンド+デキサメタゾン」

シスプラチン」を含む高度催吐性化学療法の初回治療を受ける予定の人は「アロキシイメンドデキサメタゾン」治療に「ジプレキサ 5mg/日」の上乗せを選択することで嘔吐の完全抑制率の向上が期待できる。日本における試験結果。

本試験の結果に基づいて2017年12月25日、「ジプレキサなどオランザピン」が「抗悪性腫瘍剤投与に伴う消化器症状(悪心・嘔吐)」についても承認された。

【発表】

2019年12月11日

【試験】

J-FORCE(Phase 3)〔UMIN000024676

【原著】

Lancet Oncol. 2019; Dec 11. [PMID: 31838011]

【外部リンク】