【濾胞性リンパ腫(日本人):再発・難治性】「レブラミド+リツキサン」vs「リツキサン」

日本人でも濾胞性リンパ腫または辺縁帯リンパ腫の人が再発した際、次の治療を考える場合、「リツキサン」治療に「レブラミド」の上乗せを選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

レブラミドリツキサン」治療を選択することでグレード3または4の有害事象を経験するリスクが高まる。試験では「レブラミドリツキサン」治療を受けた67%の人がグレード3または4の有害事象を経験した(vs 22%)。主なグレード3または4の有害事象は好中球減少症(50% vs 17%)。

本試験の結果に基づいて、2019年3月12日、「レブラミド」が「再発または難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫に対するリツキサンとの併用療法」に対する適応拡大が申請された。

【発表】

2019年12月21日

【試験名】

AUGMENT(Phase 3)〔NCT01938001

【原著】

Int J Hematol. 2019 Dec 19. [PMID: 31858429]

【内部リンク】