【尿路上皮がん:二次治療】エンフォルツマブ

プラチナ製剤を含む化学療法を受けたことがある人(72%がPD-(L)1阻害薬治療歴あり)が「エンフォルツマブ ベドチン」治療を受けた結果、奏効率43%、奏効期間7.4ヵ月、生存期間が12.3ヵ月、1年生存率が51.8%であった。

【発表】

2020年2月7日

【試験名】

EV-101(Phase 1)

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Feb 7 [PMID: 32031899]