【BRCA陽性卵巣がん:三次治療】「リムパーザ」vs「化学療法」

BRCA変異を有し、2ライン以上のプラチナ製剤を含む化学療法歴があるプラチナ感受性の人が次の治療を考える場合、「リムパーザ」治療を選択することで奏効率の向上が期待できる。

【試験名】

SOLO3(Phase 3)〔NCT02282020

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Feb 19 [PMID: 32073956]

【外部リンク】