【HER2陰性乳がん:術前治療】「シスプラチン」vs「ドキソルビシン+シクロホスファミド」

HER2陰性BRCA遺伝子変異保有している人が手術の前の補助療法を考える場合、「シスプラチン」治療を選択しても「ドキソルビシンシクロホスファミド」治療を上回る病理学的完全奏効率は期待しにくい。

【発表】

2020年2月25日

【試験名】

INFORM(Phase 2)

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Feb 25 [PMID: 32097092]

【外部リンク】