【大腸がん:一次治療】「FOLFIRI+アービタックス」vs「FOLFIRI+アバスチン」

KRAS野生型の人が初めての化学療法を考える場合、「FOLFIRIアービタックス」を選択しても奏効率は「FOLFIRIアバスチン」と変わらないが、生存期間の延長が期待できる。

試験では「FOLFIRIアービタックス」を受けた人の奏効率は62.0%、「FOLFIRIアバスチン」を受けた人の奏効率は58.0%(p=0.18)。「FOLFIRIアービタックス」を受けた人の無増悪生存期間は10.0ヵ月、「FOLFIRIアバスチン」を受けた人の無増悪生存期間は10.3ヵ月(p=0.55)。「FOLFIRIアービタックス」を受けることで、生存期間が25.0ヵ月から28.7ヵ月に延長(p=0.017)。

グレード3以上の主な有害事象は、血液毒性、皮膚反応、下痢。試験ではそれぞれ「FOLFIRIアービタックス」治療を受けた人の25%(vs. 21%)、26%(vs. 2%)、11%(vs. 14%)の人に現れた。

【発表】

2014年7月31日

【試験名】

FIRE-3(Phase 3)〔ClinicalTrials.gov NCT00433927

【原著】

Lancet Oncol. 2014;15:1065-75. [PMID:25088940]

【内部リンク】

【外部リンク】