【肝細胞がん:二次治療】「カムレリズマブ2週毎投与」vs「カムレリズマブ3週毎投与」

全身治療中に病勢が進行した人が抗PD-1抗体「カムレリズマブ」治療を受けた結果、14.7%の人が治療に奏効し、74.4%の人が6ヵ月後に生存していた。

カムレリズマブ」治療を受けた22%の人がグレード3または4の治療関連有害事象を経験した。主なものはAST上昇(5%)、好中球減少症(3%)。

【発表】

2020年2月26日

【試験】

Phase 2〔NCT02989922

【原著】

Lancet Oncol. 2020 ;21:571-580.  [PMID: 32112738]

【外部リンク】