【肺がん(TPS≧1%):二次治療(3年OS)】「キイトルーダ」vs「ドセタキセル」

化学療法を受けたことがあり、 PD-L1発現量1%以上(TPS≧1%)の人が次の治療を考える場合、「キイトルーダ」治療を選択することで3年生存率の向上が期待できる。

35サイクル(2年間)の「キイトルーダ」治療を完了できた人は、治療完了後1年生存率は98.7%、1年無増悪生存率は72.5%、奏効率は95%であった。

キイトルーダ」治療を受けた人の17.7%がグレード3〜5の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2020年2月20日

【試験名】

KEYNOTE-010(Phase 2/3)〔NCT01905657

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Feb 20 [PMID: 32078391]

【内部リンク】

【外部リンク】