【肺がん:二次治療】テセントリク+エパカドスタット

プラチナ製剤を含む化学療法の治療歴がある人が「テセントリク+IDO1阻害薬 エパカドスタット」治療を受けた結果、3%の人(1例)が治療に奏効した。

テセントリクエパカドスタット」治療を受けた人の24%がグレード3または4の有害事象を経験し、17%の人が有害事象のため、治療を継続できなかった。

【発表】

2020年3月6日

【試験】

Phase 1

【原著】

Int J Cancer. 2020 Mar 6. [PMID: 32141617]