【Ⅲ期肺がん】化学放射線療法+キイトルーダ

Stage IIIの人が「化学放射線療法」と同時または照射後に「キイトルーダ」治療を受けた結果、69.7%の人が増悪なく生存できた。「化学放射線療法キイトルーダ」治療を受けた18%の人がGrade 3以上の免疫関連有害事象を経験した。

【発表】

2020年2月20日

【試験】

Phase 1(NCT02621398

【原著】

JAMA Oncol. 2020 Feb 20. [PMID: 32077891]

【外部リンク】