【大腸がん:一次〜二次治療】「FOLFOXIRI+アバスチン」→「FOLFOXIRI+アバスチン(再投与)」vs「FOLFOX+アバスチン」→「FOLFIRI+アバスチン」

初めての治療を考える場合、「FOLFOXIRIアバスチン」治療から始め、進行後に再度「FOLFOXIRIアバスチン」治療を選択することで死亡または2度目の増悪までの期間(PFS2)、生存期間の延長が期待できる。

一次治療として「FOLFOXIRIアバスチン」治療を受けた人が経験した主なグレード3または4の有害事象は、下痢(17% vs 5%)、好中球減少症(50% vs 21%)、高血圧(7% vs 10%)。

【発表】

2020年3月9日

【試験名】

TRIBE 2(Phase 3)〔NCT02339116

【原著】

Lancet Oncol. 2020; Mar 9. [PMID: 32164906]

【外部リンク】