【肝内胆管がん】ペミガチニブ

FGFR2遺伝子融合/再配列を有する人が選択的FGFR1、2、3阻害薬「ペミガチニブ」治療を受けた結果、35.5%の人が治療に奏効し、7.5%ヵ月間奏効が持続した。

最も多くの人が経験した有害事象(グレード1以上)は、高リン酸血症で60%の人が経験した。「ペミガチニブ」治療を受けた人の64%がグレード3以上の有害事象を経験した。主なものは高リン酸血症(12%)、関節痛(6%)、口内炎(5%)、低ナトリウム血症(5%)、腹痛(5%)、倦怠感(5%)。

【発表】

2020年3月20日

【試験名】

FIGHT-202(Phase 2)〔NCT02924376

【原著】

Lancet Oncol. 2020 Mar 20.

【外部リンク】