【HER2陽性胃がん:二次治療】「ハーセプチン(継続)+パクリタキセル」vs「パクリタキセル」

一次治療として「ハーセプチン+フルオロピリミジン系製剤+プラチナ製剤」併用療法中に進行した人がが次の治療として「パクリタキセル」を考える場合、「ハーセプチン」の継続を選択しても無増悪生存期間の延長は期待しにくい。

ハーセプチンパクリタキセル」治療を受けた人のうち33%(vs 32%)が治療に奏効した。

【発表】

2020年3月24日

【試験名】

WJOG7112G/T-ACT(Phase 2)

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Mar 24 [PMID: 32208960]

【外部リンク】