【多発性骨髄腫:ダラザレックス治療】「皮下投与」vs「静脈投与」

再発・難治性の人が「ダラザレックス」治療を考える場合、皮下投与を選択しても静脈投与を選択した場合に劣らない奏効率が期待できる。

トラフ値濃度は皮下投与群/静脈内投与群の比率が107.93%(90%信頼区間:95.74-121.67)であり、非劣性の基準を満たした。

皮下投与時の主なグレード3または4の有害事象は貧血(13% vs 14%)、好中球減少症(13% vs 8%)、血小板減少症(14% vs 14%)。

【発表】

2020年3月23日

【試験名】

COLUMBA(Phase 3)〔NCT03277105

【原著】

Lancet Haematol. 2020 Mar 23. [PMID: 32213342]

【外部リンク】