【脳転移肺がん:一次治療】キイトルーダ

脳転移が認められた人が「キイトルーダ」治療を受けた結果、PD-L1発現細胞が1%以上の場合、29.7%の人で頭蓋内病変に対し、治療が奏効した。PD-L1発現細胞が1%未満の場合、頭蓋内病変に対し、治療を奏効した人はいなかった。

グレード3または4の治療関連有害事象を経験した人は、肺炎が2人、全身症状1人、大腸炎1人、副腎不全1人、高血糖1人、低カリウム血症1人であった。

【発表】

2020年4月3日

【試験】

Phase 2

【原著】

Lancet Oncol. 2020;21:655-663. [PMID: 32251621]