【尿路上皮がん:維持療法】「キイトルーダ」vs「プラセボ」

初めての治療としてプラチナ系抗がん剤を含む化学療法を受け、8サイクル投与までに奏効または病勢安定が認められた人は、維持療法として「キイトルーダ」治療を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

維持療法として「キイトルーダ」治療を選択することで23%(vs 10%)の人が治療に奏効し、59%(vs 38%)の人がグレード3または4の治療関連有害事象を経験した。

【発表】

2020年4月9日

【試験名】

HCRN GU14-182(Phase 2)

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Apr 9 [PMID: 32271672]

【外部リンク】