【肺がん:一次治療】オプジーボ+化学療法

日本における長期治療成績。初めての治療として「オプジーボカルボプラチンパクリタキセルアバスチン」治療を受けた人の半数が40.7ヵ月以上増悪なく生存し、6名中4名は5年以上生存した。6名中1名は5年以上増悪なく生存した。

初めての治療として「オプジーボシスプラチンジェムザール」治療を受けた人の半数が6.3ヵ月以上増悪なく生存し、13.2ヵ月以上生存した。治療を受けた6名の中で5年以上生存できた人はいなかった。

初めての治療として「オプジーボシスプラチンアリムタ」治療を受けた人の半数が11.8ヵ月以上増悪なく生存し、28.5ヵ月以上生存した。6名中1名は5年以上増悪なく生存した。

二次治療として「オプジーボドセタキセル」治療を受けた受けた人の半数が3.2ヵ月以上増悪なく生存し、12.5ヵ月以上生存した。治療を受けた6名の中で5年以上生存できた人はいなかった。

【発表】

2020年4月11日

【試験】

Phase 1b

【原著】

Cancer Sci. 2020 Apr 11. [PMID: 32277531]