【T790M陽性肺がん】タグリッソ(「リキッドバイオプシー」vs「バイオプシー」)

タグリッソ」治療の効果は、血液採集による生検(リキッドバイオプシー)でT790M変異が陽性の場合と、組織採取による従来の生検で陽性の場合とでほぼ同じ結果。

試験ではリキッドバイオプシーで陽性だった人も、従来のバイオプシーで陽性だった人も、無増悪生存期間は9.7ヵ月、奏効率は63%と62%。

しかし、リキッドバイオプシー陰性の場合は、従来の生検で陰性の場合と陽性の場合とで効果が大きく異なる。

試験ではリキッドバイオプシーで陰性だった人のうち、従来のバイオプシーで陽性だった人の奏効率、無増悪生存期間はそれぞれ16.5ヵ月、69%、陰性だった人の奏効率、無増悪生存期間はそれぞれ2.8ヵ月、25%。

リキッドバイオプシーが陰性の場合では、従来のバイオプシーによってT790M変異の有無の確認が治療選択には欠かせない。

【発表】

2016年6月27日

【試験】

AURA(Phase1/2)〔NCT01802632

【原著】

J Clin Oncol. 2016 ;34:3375-82. [PMID:27354477]