【胆道がん:二次治療】オプジーボ

1−3ラインの全身療法を受けたことがある人が「オプジーボ」治療を受けた結果、22%の人で奏効が得られた。

オプジーボ」治療の主なグレード3または4の治療関連有害事象は低ナトリウム血症とALP上昇である。試験では「オプジーボ」治療を受けた6%の人が低ナトリウム血症、4%の人がALP上昇を経験した。

【発表】

2020年4月30日

【試験】

Phase 2〔NCT02829918

【原著】

JAMA Oncol. 2020 Apr 30. [PMID: 32352498]