【メルケル細胞がん:二次治療(DOR)】バベンチオ

化学療法中に病勢が進行した88名が「バベンチオ」治療を受けた結果、33.0%の人が治療に奏効し、奏効は40.5ヵ月持続した。半数の人が12.6ヵ月以上生存していた。

3年以上生存していた22人のうち、81.8%がPD-L1発現細胞の割合が1%以上であった。

【発表】

2016年9月1日

【試験名】

JAVELIN Merkel 200(Phase 2)〔NCT02155647

【原著】

J Immunother Cancer. 2020;8: e000674. [PMID: 32414862]

【内部リンク】