【Ⅲ期肺がん(PD−L1発現量別):維持療法】「イミフィンジ」vs「プラセボ」

手術ができない人が化学放射線療法の結果、病勢の進行が認められなかった場合、「イミフィンジによる維持療法」を選択することで、PD-L1発現量が1%未満の人を除き、生存期間の延長が期待できる。

  • PD-L1≧1%
    PFS
    イミフィンジ〕17.8ヵ月 vs 〔プラセボ〕5.6ヵ月、HR 0.46(0.33-0.64)
    OS
    イミフィンジ〕未到達 vs 〔プラセボ〕29.6ヵ月、HR 0.59(0.41-0.83)
  • PD-L1<25%
    PFS
    イミフィンジ〕16.9ヵ月 vs 〔プラセボ〕6.9ヵ月、HR 0.59(0.43-0.82)
    OS
    イミフィンジ〕39.7ヵ月 vs 〔プラセボ〕37.4ヵ月、HR 0.89(0.63-1.25)

【発表】

2020年3月21日

【試験名】

PACIFIC(Phase 3)〔NCT02125461

【原著】

Ann Oncol. 2020 Mar 21 [PMID: 32209338]

【内部リンク】

【外部リンク】