【悪性黒色腫:一次治療(QoL)】「オプジーボ」vs「ダカルバジン」

BRAF変異陰性の人は、初回の治療として「オプジーボ」治療を選択することで、生活の質を治療前より改善し、「ダカルバジン」治療より生存率の向上が期待できる。

【発表】

2016年7月12日

【試験名】

CheckMate-066

【原著】

Ann Oncol.2016;27:1940-1946. [PMID:27405322]

【内部リンク】