【HER2陽性胃がん:三次治療】「エンハーツ」vs「化学療法」

ハーセプチンを含む2つ以上の治療中に進行したHER2陽性の人が次の治療を考える場合、「エンハーツ」治療を選択することで、化学療法(89%がイリノテカン、11%がパクリタキセル)を選択した場合に比べ、奏効率の向上、生存期間の延長が期待できる。

主なグレード3以上の有害事象は、好中球数減少症、貧血、白血球減少症であり、「エンハーツ」治療を受けた人の51%、38%、21%が好中球数減少症(vs 24%)、貧血(vs 23%)、白血球減少症(vs 11%)を経験した。

エンハーツ」治療を受けた125人のうち、11人が間質性肺炎を経験した(グレード1または2が9人、グレード3または4が3人)。

【発表】

2020年5月29日

【試験名】

DESTINY-Gastric01(Phase 2)〔NCT03329690

【試験実施・参加国】

日本、韓国

【原著】

N Engl J Med 2020; 382:2419-2430. [PMID: 32469182]

【外部リンク】