【大腸がん:一次治療】「IRIS+アバスチン」vs「FOLFIRI+アバスチン」

初めての治療を考える場合、「イリノテカン24時間静注+S-1アバスチン」治療を選択することで、「FOLFIRI」治療を選択した場合に比べ、奏効率と1年無増悪生存率の向上が期待できる。

試験では「イリノテカン24時間静注+S-1アバスチン」治療を受けた86.3%の人が奏効し、「FOLFIRI」治療を受けた人の61.7%に比べ、有意に高かった (p = 0.0053)。

【発表】

2020年5月29日

【試験】

Phase 2

【試験実施国】

日本

【原著】

Oncology. 2020 May 29. [PMID: 32474564]