【消化管間質腫瘍:四次治療】「リプレチニブ」vs「プラセボ」

グリベックスーテントスチバーガ治療を受けた人が次の治療を考える場合、「リプレチニブ」治療を選択することで無増悪生存期間の延長が期待できる。

リプレチニブ」治療のグレード3または4の治療関連有害事象は、リパーゼ上昇(5%)、高血圧(4%)、倦怠感(2%)、低リン酸血症(2%)であった。

米国では、2020年5月15日、本試験結果に基づいて進行消化管間質腫瘍の四次治療薬として、「リプレチニブ」が承認された。

【発表】

2020年6月5日

【試験名】

INVICTUS(Phase 3)〔NCT03353753

【試験参加国】

スペイン、フランス、英国、米国、シンガポール、ドイツ、ポーランド、カナダ、 オーストラリア、オランダ、ベルギー、イタリア

【原著】

Lancet Oncol 2020; 21: 923–34 [PMID: 32511981]