【びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫:二次治療】「タファシタマブ+レブラミド」

1〜3レジメンの前治療を受けたことがある人(1レジメン:50%、2レジメン:43%)が「抗CD19モノクローナル抗体 タファシタマブレブラミド」併用療法を受けた結果、60%の人が治療に奏効した。

タファシタマブレブラミド」併用療法の主なグレード3以上の治療関連有害事象は、好中球減少症(48%)、血小板減少症(17%)、発熱性好中球減少症(12%)。

本試験の結果に基づいて、米国では2020年7月31日、抗CD19抗体「タファシタマブレブラミド」併用療法が「再発・難治性のびまん性大細胞型B細胞性リンパ腫」を対象に迅速承認された。

【発表】

2020年6月5日

【試験名】

L-MIND(Phase 2)

【試験実施・参加国】

ドイツ、スペイン、フランス、イタリア、ベルギー、チェコ、ハンガリー、ポーランド、英国、米国

【原著】

Lancet Oncol 2020; 21: 978–88 [PMID: 32511983]