【胃がん:術後治療】「S-1(2週間投与)」vs「S-1(4週間投与)」

手術後の「S-1」を用いた補助化学療法の治療期間を考える場合、「2週間投与」を選択しても「4週間投与」を選択した場合に比べて、相対的治療強度の向上は期待しにくい。

3年無再発生存率は「S-1」を2週間服用した人で71.3%であったのに対し、4週間服用した人では73.4%であった(p=0.70)。

グレード3以上の有害事象は「S-1」を2週間服用した人の7.4%が経験したのに対し、4週間服用した人で12.6%が経験した(p=0.33)。

【発表】

2020年6月12日

【試験】

Phase 2

【試験実施国】

日本(筑波大学医学部附属病院、福島県立医科大学附属病院、筑波メディカルセンター病院、総合南東北病院)

【原著】

Int J Clin Oncol. 2020 Jun 12. [PMID: 32533352]