【濾胞性リンパ腫:維持療法】「レブラミド+リツキサン」vs「リツキサン」

トレアキシンリツキサンによる導入化学療法」後の維持療法を考える場合、「リツキサン」治療に「レブラミド」の上乗せを選択することで1年無病生存率の低下するリスクがある。

トレアキシンリツキサンによる導入化学療法」後に、「リツキサンレブラミドによる維持療法」を受けた76%の人が3年以上増悪なく生存し、84%の人が3年以上生存していた。「トレアキシンリツキサン」治療を受けた77%の人が3年以上増悪なく生存し、87%の人が3年以上生存していた。

リツキサンレブラミドによる維持療法」の主なグレード3または4の有害事象は、好中球減少症(66% vs 21% p<0.0001)、発熱性好中球減少症(10% vs 2% p=0.05)。

【発表】

2020年6月12日

【試験名】

ECOG-ACRIN E2408(Phase 2)

【原著】

Clin Cancer Res. 2020 Jun 12 [PMID: 32532790]

【内部リンク】