【シスプラチン不適格尿路上皮がん:一次治療(2年生存率)】キイトルーダ

シスプラチン治療が不適格な人が初めての治療として「キイトルーダ」治療を受けた結果、奏効率28.6%、奏効期間30.1ヵ月、2年生存率31.2%、生存期間が11.3ヵ月であった。

CPS≧10の人では、奏効率47.3%、生存期間18.5ヵ月であった。

【発表】

2020年6月17日

【試験名】

KEYNOTE-052(Phase 2)〔NCT02335424

【原著】

J Clin Oncol. 2020 Jun 17 [PMID: 32552471]

【内部リンク】