【胃がん:一次治療】「S-1+オキサリプラチン」vs「S-1+シスプラチン」

初めての化学療法を考える場合、「オキサリプラチンS-1」併用療法を選択しても「シスプラチンS-1」併用療法に劣らない無増悪生存期間が期待できる。

シスプラチンS-1」併用療法を受けた人では貧血、白血球減少、好中球減少、発熱性好中球減少、口腔粘膜炎の経験が多く、「オキサリプラチンS-1」併用療法を受けた人では血小板減少、悪心、嘔吐、末梢神経障害の経験が多かった。

【発表】

2020年6月28日

【試験名】

SOPP(Phase 3)〔NCT01671449

【試験実施国】

韓国

【原著】

Gastric Cancer. 2020 Jun 28. [PMID: 32596783]